CFRPナイロンで3Dプリントしてみました

みなさん、こんにちは!

 

Booleanの濱崎トキです。

いやぁ、春ですね。春ということで何か新しいことを始めよう!

ということで、これから月に1回くらいを目安に、色々と3Dプリントで出してみて情報発信していきたいと思います。

 

実は3Dプリンターの技術は日進月歩で結構な精度と強度で造形することができるようになってきているんです!

一昔前の3Dプリンターはいわ「おもちゃ」的な代物も多かったですが、今は違いますよ!

 

そこで、ブログ開始、第一弾記念!

 

金属並みの強度&高精度を誇る、CFRPナイロンでの3Dプリントをご紹介です!

 

CFRPナイロンってなんのこっちゃい!? という声が聞こえてきそうですね。

超簡単にいうと「ナイロンに炭素繊維を混ぜ込んだ素材」ですね。

この素材で造形できる3Dプリンターがこちら↓↓↓

Markforged Mark Two

 

Markforged Mark Two という3Dプリンターです。

 

こいつで造形したものの特徴として

1:アルミに匹敵する強度

2:高い柔軟性

3:0.5mm幅以下の細かな部分まで綺麗に造形

という3点の特徴があります。

 

今回作ってみたのはこちらです!

弊社のロゴ入りコインを造形してみました!

Booleanコイン笑 弊社のロゴ入りのコインです。

Booleancoin

 

一見不通のプラスチックに見えますが、なんとこいつの強度と柔軟性がすごい!

 

こんな感じで力いっぱい手で曲げようとしても・・・

hamasakitoki

 

こんな感じで、ペンチで曲げても・・・・

cfrpkyoudo

 

壊れない!曲がってもすぐ元通り!

こちらのカーボン長繊維が織り込まれた造形物は、アルミに匹敵する強度、そして高い柔軟性をもっており

1.5mm厚のコイン型の造形物は、ペンチで曲げてもひずみ無く元の形状に戻るんです!

 

すごいですねー。

コイン以外にも治具や工具やロボットの手先、部品のデットストックの代用等に

使える可能性大です!

 

以下今回の造形したものの情報です。

 

・造形したもの:Booleanロゴコイン(直径 Φ35,最小厚 1.5mm)

・使用機種:Markforged Mark Two

・造形素材:カーボン長繊維強化ナイロン

・精度:寸法誤差 ± 0.05mm以内

・強度:6061アルミニウム相当

・最大造形サイズ:320 mm x 132 mm x 154 mm

※今回造形したものの実物はコンパス小倉に展示しております!

 

「あんなものは出来ないか?」「こんなものは出来ないか?」

というご相談は是非Booleanまで!

コンタクトフォーム : 3Dプリンター活用コンサルティング Boolean Inc.