サービス紹介 : 3Dプリンター活用コンサルティング Boolean Inc.

 

現在、世界的に3Dプリンターは急激に”産業機械化”が進行しています。

我々は、今後のものづくりにおいて、競争力を維持拡大するためには、3Dプリンターの活用は避けて通れないものであると考えております。

我々は製造プロセスにおいて、実利ある3Dプリンターの導入、そして確実な定着を支援します。

 

 

○ DfAMを前提としたものづくり力の強化

3Dプリンティングは付加製造法(Additive Manufacturing)とも呼ばれます。

既存の切削加工等に代表される「Subtractive Manufacturing(除去製造法)」とは違い、「積層(付加)して製造する」というものになります。世界では、DFAM(ディーファム)「Design for Additive Manufacturing(付加製造のための設計)」手法を取り入れる製造企業が急激に増え、スタンダードとなりつつあります。

その反面、こうした中でDfAMの考え方が無いために、日本企業では「3Dプリンターを導入したものの、上手く活用できていない」という事例が多く見られます。我々はこの状況を打破し、今後の競争力強化のためには、いち早く3Dプリンターを導入し、活用する文化やスキルを獲得することが必須であると考えています。

 

○ 3Dプリンター導入による治工具調達プロセスの改善 

既存のプロセスで切削等の加工を行う場合、多数の固定治具や工具の調達における費用・リードタイムが課題となる場面も多く存在します。

CNC等で治具製造を内製化している場合でも、加工中は加工機械を専有してしまうため製造ラインを停止せざるを得ません。また、外注している場合は外注コストや金型起こしのリードタイムやコスト負担が必須でした。

これを3Dプリンターを活用した製造プロセスに置き換えることで、劇的な効率化を実現可能となります。

現在3Dプリンターでは、比較的安価なモデルでもアルミと同程度の強度で100ミクロンレベルでの精度での造形が可能になっています。当社では主に切削加工を行う事業者様に向けて、治工具の調達プロセスに3Dプリンターを活用することで製造のリードタイムやコストの大幅削減を提案しています。

 

○ 3Dプリンター導入による試作プロセスの更新

ものづくり企業において、高回転の試作プロセスがやはり欠かせないものです。

試作プロセスを外注している場合、試作のための外注事業者とのコミュニケーションと納期待ちというリードタイムが必ず発生します。しかし3Dプリンターを導入すれば、数時間以内での試作造形を行うことも容易になります。

形状変更・修正は3DCAD上で即時に可能で、しかも多数のバージョンを同時に造形することも出来ます。これにより、最適な製品形状に至るプロセスを最適なものへと更新いたします。

 

○ 3Dプリンターならではの製造プロセスの確立

3Dプリンティング(付加製造)の特徴一つとして、他の製法では極めて難しい形状も比較的自由に造形することが出来ます。

また使用できる材料のバリュエーションが非常に多く、異なる材料を混合しながら単一のプロセスで造形することも可能です。そして特に小ロット量産においては、他の追随を許さない圧倒的な製造スピードを誇ります。

こうした特徴を活かした新たなものづくりが、世界各国で続々と実現している中、我々はローカルな製造現場において、こうしたテクノロジーを無理なく、最大限の効果で適用することを得意としています。

○ 福岡・九州・山口地域の企業様の支援

我々は北九州市小倉に拠点に、ものづくりの盛んな地域である、福岡県(福岡市・北九州市・その他地域)や九州・山口の地域の企業様を支援しています。